● ポタリング動画1  ● ポタリング動画2  ● ポタリング  ● ポタリングと旅  ● ポタリングと健康  ● ポタリングと自転車

ポタリング

● ポタリングの一般的概要

早く、遠くまで走ることを目的とせず、散歩、ジョッキング的 感覚で自転車をのんびりと気ままに走らせる。そん感じのサイ クリングをポタリングと言います。(pottering) 語源は「のんびりする」とか「ぶらつく」という意味の英語 「potter」からきた造語のようです。 ガチッと決めて走るのではなく足をペダルに固定するビンディ ングペダルや専用シューズを使用することなく、普通の靴で漕 ぐことができるフラットペダルを使用して走ります。 散歩的に走るといっても自転車ですので、15km/h~20km/h 内外で走れば、80km、120kmの1日コースを選ぶ事が出 来ます。 散歩的なスピードで走ることで、周りの風景、季節の変化など をより深く感じながら、花木などを楽しみながら、走る事が出 来ます。 又、コースの途中には、地元で人気のグルメスポットがあった りして、発見があります。 ポタリングにもサイクリングと同様、自宅周辺をポタリングす る自走、自宅から離れた場所でポタリングする輪行と車載の3 つの形態があります。自走は自宅を基点にして自宅の周辺エリ アをポタリングする形態です。 自走は当然、自宅がポタリングのスタート地点とゴール地点に なります。自走はいつでも手軽にポタリングができる反面、コ ースが限られてしまうので、マンネリしてしまうのが難点です。 それでも、有酸素運動として習慣にすることが出来ますし、日 常の生活上の問題を考えながら走る事が出来ます。適当な速度 で走りながら、考えると、思いがけず、良いアイデアが浮かん でくる様な事もありますよ。 輪行は公共交通機関を利用して自転車を運んでポタリングする 形態です。自宅とポタリングするエリアの間を、鉄道、バス、 船舶、エアラインなどの公共交通機関を利用して自転車を運び ます。スタート地点とゴール地点を自由に設定できます。 又、ハードケースにバイク、空気入れ、ヘルメット等を収めて 、予め宿泊場所へ宅配を利用し、身軽は状態で交通機関を利用 してスタート地点まで出かける事も出来ます。     しまなみ海道ポタリングなどは、この方法で尾道に1拍、今治 に一泊、又、尾道に泊まって、帰ってきます。 車載はクルマで自転車を運んでポタリングする形態です。車載 してポタリングする場合は、クルマを駐車した場所からスター トして、その場所にゴールすることになりますから、周回ルー トをポタリングすることになります。出来れば、前日に宿泊場 所を決めて1泊したっぷり時間をかけて走るのが良いでしょう。 お願いすれば、宿泊場所の駐車場を利用させてもらう事が出来 ますので、そこが、スタート地点になります。

ポタリングの楽しみ方を列挙してみました。 〇風を切って自転車を走らせる事が出来る爽快感。 〇一人で考え事をする。 〇季節の変化を楽しむ 〇桜、紅葉等の花木 〇途中の観光名所 〇食事処 〇グルメスポット 〇季節の果物 ポタリングの楽しみ方は人それぞれです。自分にあったテーマ を見つけてみましょう。

 

 自転車と交通ルール 
ポタリングといえども当然、交通ル
ールは守らなければなりません。
2015年6月1日から、道路交通法が改
正され自転車運転に14項目の「危
険行為」が指定されました。14歳
以上の運転者がこの「危険行為」を
3年以内に2回以上繰り返した場合、
自転車運転者講習を受けなければな
りません。
 

 自転車と保険 
交通ルールを遵守して事故を起こさ
ないようにするのはもちろんですが、
誰でもが加害者になる可能性があり
ます。そうした万が一のときには、
社会人の当然の責任として、被害者
の方の受けた損害を賠償しなければ
なりません。こうした賠償を確実に
行うことができるようにするために
各保険会社の対人傷害等保険があり
ます。「自分だけは事故を起こさな
い」と過信せず、万が一の事故に備
えて保険には加入しておきましょう。
 

雨の日のポタリング
雨模様のポタリングには私達はハン
ドルバーごと、体をすっぽりポンチ
ョで覆ってしまいます。走るとどう
しても、体の前面で雨を受ける感じ
になりますが、ポンチョは体に密着
していませんので、雨が体に当たる
感じが余りありません。しかも、風
通しが良いので、じめじめしません
。なによりハンドル周りを雨から完
全に防いでくれますので、気持ち良
く走れます。雨の日はポンチョがお
すすめです。ポンチョの色は黄色と
か赤などの出来るだけ目立つ色を選
びましょう。
私達が思うポタリング
マジでガチなバイクライダー装束を
まとうのではなく、普段着でちょっ
とひとっ走りの様な気分で気楽にポ
タリングをしましょう。早く走る必
要は何もありませんし長く走る必要
もありません。このような、ゆった
りした気分で走る時間は、何かを思
いつく素晴らしい思考時間にもなり
ます。