せん断力分布係数・層間変形角                     戻る 

 ● せん断力分布係数

                    

K1 K2 K3 K4 Kc の 入力は 最上階・一般階 K1 K2 Kc の 入力は 最下階 Kc の入力が無い場合は計算しません。

部材 位置剛 比
 梁  上  左 K1
 右 K2
 柱 Kc
最下階固定
ピン
 下  左 K3
 右 K4
 クリックして計算を実行して下さい。

検討結果
 
 α
 D

 ● 層せん断力・層間変位・層間変形角の関係

 E:ヤング係数[N/mm2]  K0:標準剛度[mm2]  h:その階の高さ[mm]  Q : 地震層せん断力[kN] 層せん断力分布係数      層間変位[mm]      層間変形角      層間変形角の逆数     

層間変位・層間変形角
 ヤング係数 E  ×103 N/mm2
 標準剛度 Ko  ×104 mm3
 階高 ×103 mm
 地震層せん断力 Q  ×103 N
 せん断力係数 D  

 クリックして計算を実行して下さい。

検討結果
 層間変位 δ mm
 層間変形角 
 1/層間変形角