偏芯率                         戻る 

※ 使い方 スパン長

X 方向1-22-33-44-55-66-77-88-99-10
スパン長
Y 方向A-BB-CC-DD-EE-FF-GG-HH-II-J
スパン長

梁番号と性能

梁番号12345678910
B
D
Ix

X方向 スパン長と梁番号

J
I
H
G
F
E
D
C
B
A
 1-22-33-44-55-66-77-88-99-10

Y方向 スパン長と梁番号

I-J
H-I
G-H
F-G
E-F
D-E
C-D
B-C
A-B
 123456789

各接点の重量

I
H
G
F
E
D
C
B
A
12345678910


 ● ローン計算 A      Top ↑

 ○元利均等償還方式は元金と利息を加えた返済額が返済期間を通して同額に  なるような返済方式です。毎年の返済額は年末に支払う元利合計額です。同  様に毎月の返済額は月末に支払う元利合計額です。返済期間中の毎月の返済  額の合計が毎年の返済額の合計よりも少ないのは、毎月、返済元金が減少し  ていく為です。検討年度を入力することにより、その時点の返済元金、返済  利息、返済元利の総額を算出出来ます。検討年に返済年数を入力した場合、  満期の時点で支払った返済元金・返済利息の総合計が計算されますので、借  入金額と比較して下さい。返済方法に元金均等を選択した場合、毎年返済額  はその年の返済元金と返済利息の合計を示します。

ローンの計算
 借入金額 
 返済期間 (n)
 借入金利 (r)
 返済方法 
 検討年度 

 クリックして下さい。

検討年度の支払い状況 検討結果
 検討年の返済額
 毎月の返済額
 検討年度 年 
 検討年の返済元金
 検討年の返済利息
 検討年までの返済額の合計
 検討年における借入金残高


 ● 複利現価率      Top ↑

 r : 年 利 率 n : 年 数  複利現価率とは一定期間後に目的の元金をえるには年利率rで現在いくらを  預金すればよいかを求める係数です。 [検討事例]  ○元金Aをn年後に得るには現在、いくらを預金すればよいですか。但し年率   rとします。  ○n年後の検討金額Aは現在の価値に換算するといくらに相当しますか。但し   年率rとします。

複利現価率
 基準・年金利(r) %
 検討・年 (n) 年
 検討・月 (m) 月
 検討金額 A  円

 クリックして計算を実行して下さい。

検討結果
 検討時の複利現価率=