材料の 許容応力度 及び 強度                 戻る 

構造材料の定数

材料ヤング係数
 [N/mm2]
せん断弾性係数
 [N/mm2]
ポアソン比線膨張係数
 [1 / °C]
鋼・鋳鋼・鍛鋼205×103790000.30.000012
鉄筋2.05×105  1×10-5
コンクリート3.35×104×
(γ/24)2×(Fc/60)1/3
 0.21×10-5

コンクリートの単位体積材料

コンクリートの種類設計基準強度の範囲
[N/mm2]
鉄筋コンクリートの単位体積重量
 [kN/mm3]
普通コンクリート 1種Fc ≤ 3624
軽量コンクリート 1種Fc ≤ 2720
軽量コンクリート 2種Fc ≤ 2718

コンクリートの種別と設計基準強度  Fc

コンクリートの種類Fc [N/mm2] 使用する骨材
粗骨材細骨材
普通コンクリート18,21,24,27,60砂利、砕石、
高炉スラグ砕石
砂、砕砂、スラグ砂
軽量コンクリート1 種18,21,24,27,36人工軽量骨材 砂、砕砂、スラグ砂
2 種18,21,24,27人工軽量骨材 人工軽量骨材又はこの一部を砂、砕砂、
スラグ砂で置き換えたもの

鋼材の種別と基準強度 F  [N/mm2]

部材種別F 値
一般構造用SS400235
SS490275
SS540375
建築構造用SN400A
SN400B
235
SN490B325
溶接構造用SM400245
SM490325
SM520365
軽量形鋼SSC400235
角形鋼管STKR400235

丸鋼・異形鉄筋の基準強度 F  [N/mm2]

部材種別F 値
丸 鋼SR235235
SR295295
異形鉄筋SDR235235
SD295295
SD345345
SD390390

コンクリートの許容応力度・材料強度 〈令)

 長期短期材料強度
圧縮引張せん断付着圧縮引張せん断付着圧縮引張せん断付着
F ≤ 21F/3F/300.7
(0.6)
長期 × 2長期 × 3
F > 21Fs=0.49+F/100

F:設計基準強度 [N/mm2]  ( )内 軽量コンクリート



異形棒鋼のコンクリート付着許容応力度・材料強度 〈告示)

長期短期材料強度
梁の上端以外梁の上端以外梁の上端以外
F ≤ 22.51/15 F1/10 F長期 × 2長期 × 3
F > 22.50.9+2/75 F1.35+1/25 F

F:設計基準強度 [N/mm2]

コンクリートの種別と許容応力度・材料強度 〈令) [N/mm2]

長期短期材料強度





異形付着




異形付着




異形付着
梁上端以外梁上端以外梁上端以外
F=2170.70.71.42.1 141.41.42.84.2 212.12.14.26.3
F=2480.730.71.542.31 161.461.43.084.62 242.192.14.626.93



コンクリートの許容応力度 〈学会基準)  [N/mm2]

  長期 短期
圧縮引張せん断圧縮引張せん断
普通コンクリートFc/3Fc/30かつ(0.5+Fc/100)以下長期 × 2短期 × 1.5
軽量コンクリート
1種、2種
普通コンクリートの 0.9 倍

Fc:コンクリート設計基準強度 [N/mm2]



コンクリートの種別と許容応力度 〈学会基準) [N/mm2]

長期短期





異形付着




異形付着
上端筋その他上端筋その他
F=2170.70.760.95 141.051.141.425
F=2480.740.81.0 161.111.21.5



異形鉄筋のコンクリートに対する許容付着応力度 〈学会基準)  [N/mm2]

長期短期
上端筋その他の鉄筋上端筋その他の鉄筋
普通コンクリート0.8×(Fc/60+0.6) Fc/60+0.6長期 × 1.5
軽量コンクリート普通コンクリートの0.8倍

Fc:コンクリートの設計基準強度 [N/mm2]

鉄筋の種類と許容応力度、[N/mm2]   (学会基準)

  基準
強度
長期短期
圧縮引張せん断補強圧縮引張せん断補強
丸鋼 SR235235160160160235 235235
SR295295160160200295295295
異形
丸鋼
SD295A
SD295B
235200200200295 295295
SD345345220
(200)
220
(200)
200345345345
SD390390220
(200)
220
(200)
200390390390

( )内 D29以上

コンクリートの種別と許容応力度、材料強度 [N/mm2]

  長期許容応力度短期許容応力度材料強度
圧縮せん断付着異形 圧縮せん断付着異形 圧縮せん断付着
上端その他上端その他
18普通
コンクリート
60.60.71.21.8 121.21.22.43.6 181.81.8
21普通
コンクリート
70.70.71.42.1 141.41.42.84.2 212.12.1

鋼材の許容応力度 (令)

 長期短期材料強度
圧縮引張曲げせん断圧縮引張曲げせん断圧縮引張曲げせん断
鋼材F/1.5F/1.5F/1.5F/1.5sqrt(3)FFFF/sqrt(3)FFFF/sqrt(3)

鋼材の種類と許容応力度、材料強度  (t ≤<40) [N/mm2]

 長期許容応力度短期許容応力度
基準強度長期許容応力度短期許容応力度 基準強度
F
圧縮
fc
引張
ft
曲げ
fb
せん断
fs
支圧
ft
圧縮
fc
引張
ft
曲げ
fb
せん断
fs
支圧
ft
JIS同等品
JIS適合品
SS400級235156*156156*90294 長期の
1.5倍
235
259
235
259
235
259
235
259
135
149
441
485

* 許容圧縮座屈応力度、許容曲げ座屈応力度は別途算出

溶接の種類と許容応力度、材料強度  (t ≤<40) [N/mm2]

 許容応力度材料強度
基準強度長期許容応力度短期許容応力度基準強度突合せすみ肉
突合せすみ肉
圧縮、引張
曲げ
せん断圧縮、引張
曲げ
せん断JIS同等品
JIS適合品
圧縮、引張
曲げ
せん断圧縮、引張
曲げ
せん断
SS400級235156909090長期の
1.5倍
235
259
235
259
135
149
135
149
135
149